【個撮】ボディートリートメントマッサージで10代の美少女にわいせつ行為!

セクハラボディトリートメント #83

➡ セクハラボディトリートメント #83

180402_111_R

180634_222_R

180634_333_R

180634_444_R

180634_555_R

数年前からボディトリートメント・マッサージを開業している者です。

2年ほど都内のマッサージ店で働き、リンパリファインセラピスト・アロマテラピー検定1級等の資格を取得して都内近郊にて個人でボディトリートメントの店をオープンしました。

お恥ずかしいのですが私自身がかなりの女好きということもあり、女性向けに特化したお店つくりや格安のレディースデイを設けて女性のお客様の獲得に注力してきました。

お陰様で学生の若い方からビジネスウーマン、キレイな主婦の方など幅広くの客層を開拓することができました。

最初は男のマッサージ師ということに警戒感もあるようでしたが、施術していくうちに徐々に性的快感を感じられるお客様が非常に多い事に気が付きました。

戸惑いながらも施術の一環として受け入れ、身体を任せていくうちに段々と快楽に溺れてアソコをぐっちょりと濡らしてしまう様子がたまりません。

いけないこととは思いつつも小型のビデオカメラを設置し、施術しているところを撮影するに至ってしまいました。

この子はおそらく10代の学生さんかと思われます。

とても幼い顔立ちにスレンダーであどけない身体つきをしておりました。

まずはいつも通り背面をオイルたっぷりでマッサージしてあげます。

座らせて後ろから入念にお胸のマッサージ。

「こんなところもするんですか?」と少し困惑されておりましたが、マッサージの効能を説明して納得していただきます。

子供のようにかわいらしくハリのあるお胸の乳腺に沿ってゆっくりと揉み上げて流していきます。

リラックスしてもらえるように雑談を交わしておりましたが、乳首に指がこすれる度にどんどんと硬く勃起してくるのが分かります。

乳首を指でキュッと摘まんであげると身体をビクっと反応させつつも「いや…ちょっと…」と焦っておられるようでした

仰向けに寝かせてからさらにお胸の形を整えつつ、鼠径部のリンパもゆっくりと流してあげます。

「結構際どいところもやるんですね…」と少し不安そうな様子でしたので、マッサージの効能を説明して安心させてあげます。

指先が中心部に近づけてみると「手が当たってますよ…!」と身体をくねらせながら注意されてしまいました。

紙パンツの中に手を突っ込んで両側の鼠径部を内側からマッサージしてあげると「これみんなやってるんですか…?」と不安そうにしておりましたが、中心部を少し触ってみると既に愛液がぐちょぐちょに溢れ出しているではありませんか。

必死に快楽に耐えるように目を瞑っておりましたが、ヌルヌルのクリトリスをサッと擦ってあげると「だめぇ…」と脚を閉じようとしておりました。

しかし快楽には抗えないようで、ねっとりと股間を愛撫してあげると少しづつ気持ち良さそうな喘ぎ声が漏れ聞こえてきました。

さらに膣内に指を挿入してクリを同時に弄ってあげると、身体をビクビクと反応させながらさらに激しく喘ぎながら感じまくっているようでした。

「だめ…だめです…イっちゃう…!」と身体を痙攣させながら絶頂してしまいましたので、優しくキスしてあげてから大きくなったムスコを触らせてあげます。

かなり欲求不満だったのか「大きいですね…」と物欲しそうに扱いており、口元に近づけると嬉しそうにぱっくりと咥えこんでしまいました。

10代の女の子は性に積極的で自分の性欲に素直なところがとても良いですね。

こうなってしまっては最後までお付き合いしてあげなければなりません。

挿入してあげようとすると嬉しそうな笑顔で脚を開いて、私のギンギンになっているムスコをねっとりと包み込んでくれます。

子宮に擦り付けるように腰を動かてあげると「気持ちいいです…!」といやらしく喘ぎながら快楽の渦に飲み込まれてしまっているようでした。

バックからも激しくピストンしてあげてから騎乗位になると、自ら腰を動かしながら膣奥まで亀頭を擦り付けて無心に気持ち良くなってしまう純粋さが大興奮してしまいます。

私も興奮してしまい最後は正常位で、お恥ずかしながら大量の精子を彼女の身体中に発射してしまいました。



動画時間:48分44秒
フレーム:1920×1080
ファイル形式:MP4

※本作品はシチュエーション動画です。

➡ セクハラボディトリートメント #83

セクハラボディトリートメント #78

セクハラボディトリートメント #78

セクハラボディトリートメント #64

セクハラボディトリートメント #64

コメント

タイトルとURLをコピーしました